記事の詳細

リフォームして部屋を増やしたいと考えている方も多いかもしれませんが、増築する際には注意するべきポイントがありますよ。

新しく地下室を造りたい思っていても、その土地の地盤や家の基礎に問題がある場合には、地下室を増築するのが難しいのだそうです。

もしリフォームして地下室を増築したとしても、空気循環のための設備を整える必要がありますし、湿気に悩まされたり、家が揺れやすくなると言われているので、住宅の耐震性などに影響を及ぼさないリフォームが大切ですよ。

屋根裏にあるスペースを活用して、屋根裏部屋と増築しようという場合には、断熱性や湿度などの面でリフォームに失敗する可能性があるため、使用する素材は適切な物を選びましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る