記事の詳細

住まい手の家族構成や生活スタイルは時間が経過しますと変化しますので、子どもの成長にしたがって住まいが狭く感じてしまったり、年齢を重ねることによってセカンドライフにふさわしい間取りや快適性がほしくなったりとしてしまいます。

また時間に変化に合わせて断熱性や耐震性のグレードアップを検討する時も経ってくるかと思います。5年先、10年先を想定したリフォーム計画を検討することが重要となりそうです。

また住まいの部位ごとにもメンテナンスを考えていく必要が有ります。それぞれの修繕の時期や耐用年数を考慮し、調整やパーツ交換でメンテナンスを行ったり、修繕をおこなっていくといった対策をしていくことにより、腐食の進行を防いでいきます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る