記事の詳細

住まいの中で最も労力を使うのは掃除や洗濯などの家事ではないでしょうか?洗濯場から物干し場までが遠かったり、キッチンから食材置き場までも同様ですと家事をおこなっている奥様からしますと家事のやりづらい家となってしまいます。

他にも料理をしながら様々な家事をおこなっていく機会も多いので、これらを多くの動線と重なる部分に置くと生活が快適になることでしょう。

動線を考えてリフォームをする場合に失敗してしまう可能性もあり、例えば玄関付近にトイレやお風呂を設置すると、確かに家族全員使い易くはなりますが、来客しているときになどは使いづらくなってしまいます。

来客の行動も含めた表向けの動線を表動線、トイレやお風呂などのあまり人に見せたくない物を裏動線と呼ばれています。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る