住宅塗装と言っても大きく分けて「外部」と「内部」があります。

一般的に外部に関しては機械工具による吹き付けで行い、一方内部の場合は手塗りで行います。
外壁塗装では「エアーコンプレッサー」で吹き付け塗装します。
まず外壁塗装の目的としては「装飾」美しく見せるためや好みの色にしたいからです。
さらに「保護」ひび割れ防止などです。
「防錆」塗装をやっておかないと、壁の内部に雨水などが入り込み金物部分に錆が出てきます。
そして、それが原因で壁が剥がれ落ちる事が有ります。
いい加減な作業で不完全な対応で済ますと、思わぬ所で、しっぺ返しがあります。
つまり一般的な耐久年数より短くなります。
このような理由で外壁塗装は重要なのです。

次に、内部の塗装です。
内部の塗装は、壁の色と同じにするも良し、全く別な色にしてみるのも良いでしょう。
ただし見落としていけないのは、使われる塗料の人体への影響です。
塗料の成分には化学物質が含まれています。
そのため、室内の空気から長い時間をかけて少しずつ確実に体内に取り込まれます。
予期せぬ健康被害の危険性があるかもしれません。
上記の点を踏まえて、屋内塗装にも注意してください。
ここで、もう一つ大事なことは「メンテナンス」です。
日頃から、目配り、気配りはしておいたほうが良いでしょう。
もしも、悪い所を発見した場合は早目の補修が大切です。
しかし、手遅れという事態であれば専門業者に相談しましょう。
ご近所さんや知人の方から良いアドバイスを参考に、地元の業者を選ぶと良いでしょう。
出来れば、施工した実績をご覧になられたら、安心につながるかもしれません。







コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る